ビジネスに色を活用する方法2

投稿日:2014年06月26日 カテゴリー:視覚的販売計画(VMD)

店舗でのディスプレイは人間の第一印象と同じです。

語らずとも伝わる

つまり、洋服屋さんのスタッフが商品説明をしなくても感じる、伝わる。

でも、足を止めてこそ、

可愛い?可愛くない?ダサい?イケてる?

欲しい、欲しくない、

良い色、欲しかった色、探してた色・・・かどうかを判断しますよね。

img_v130710_03

では、足を止めてもらうには??

と、そこで、

img_v130710_03 (1)

「同じ色が同じ空間にあると、目がその同じ色を追う」という、

視覚の仕組みを利用します。

二つの写真、一見変わらないように見えますが、

色の使い方でやはり、下の写真のディスプレイの方が、ついつい全体を見渡すことになります。

そして、ディスプレイをきっかけに店内全体をぐるりと見て回ってもらう可能性が高くなります。

お試しください(^_-)-☆

講座・セミナー・社員研修のお問合せ

カラープランニング協会では定期開催の講座に加え、企業様の社員研修も承っております。
ご相談、お問合せは下記のメールフォーム、またはお電話にてお気軽にご相談下さい。

カラープランニングのお申込みはこちら

一般社団法人 日本カラープランニング協会

〒 810-0014
福岡県福岡市中央区平尾4-21-9
TEL:092-791-1243

Copyright© 2013 ビジネスで使えるカラープランナーを養成する日本カラープランニング協会 All Rights Reserved.