VMD、見た目は大事6〜ブランディング編〜

投稿日:2015年06月08日

市場が成熟してくると、同業他社、競合店と違う切り口を模索するようになりますよね。
ちょっとだけ違うサービス、メニュー、システム等々。
うちはちょっと違うんですよ、という情報発信のひとつにVMD,視覚的販売計画があります。目で伝える、見た目で伝える。
IMG_7132
お好み焼き屋さん、ん??車中から眺め、思わずパチリ!
暖簾の爽やかなグリーンを見て、店内がきれいで爽やかなんだろうな〜と想像しました。
一般的なお好み焼き屋さんを画像検索すると、こんな感じ
FullSizeRender-15
大衆的な飲食店が使う色は、赤、黒、茶、白。
もちろん、グリーンも飲食店によく使われますが、「お好み焼き屋さん」ではちょっと珍しいかもしれません。
同業他社にはあまりない色、珍しい色、これはリスクも伴いますが、今回のこの暖簾の色は成功では??
お好み焼き屋さん独特のべったり感がなく、爽やかに涼しく食べれられそう♫
女子向きかもしれませんね。
グリーンを使う際は、青みの強いグリーンと黄みの強いグリーンがあるので、気をつけてくださいね。
今回のこの店舗では食欲をそそる黄みの強いグリーンが使われています。

一般社団法人 日本カラープランニング協会

〒 810-0014
福岡県福岡市中央区平尾4-21-9
TEL:092-791-1243

Copyright© 2013 ビジネスで使えるカラープランナーを養成する日本カラープランニング協会 All Rights Reserved.