VMD、見た目は大事5~ディスプレイ編~

投稿日:2015年06月05日

VMD(視覚的販売計画)の領域で最もわかり易いのは店頭ディスプレイです。
ディスプレイは言葉ではなく、見せるだけで商品の魅力を感じてもらう、「お買い得ですよ」「これがトレンドですよ」「評判ですよ」などのセールストークがなくとも、「欲しい」「可愛い、素敵!」という気持ちを起こさせる、それがディスプレイの極意です。
11354936_899888306743851_59860183_n
ディスプレイには新鮮さが必要ですから、常に気を配る必要がありますが、
だからと言って、度々、ガラリと変える必要もありません。基本的なディスプレイに、ちょっと変化を持たせるだけでも店内に新鮮な空間が広がります。
IMG_7094
写真はブルーの生地にストライプのカラーペーパーを敷いただけですが、ちょっと印象が変わり爽やかさが増します。
ディスプレイはいつもいつも大々的にリニューアルしなくても、日々気を付けて、崩れていたらちょっと直す・・。いつものディスプレイにちょっとだけ変化を加える。
それだけでも常にお店に変化があり、行くたびに、入店しなくても通り過ぎるたびに変化を感じ、人の気持ちをワクワクさせます。
あなたのお店のディスプレイ、何日前に変えましたか?

一般社団法人 日本カラープランニング協会

〒 810-0014
福岡県福岡市中央区平尾4-21-9
TEL:092-791-1243

Copyright© 2013 ビジネスで使えるカラープランナーを養成する日本カラープランニング協会 All Rights Reserved.