VMD、見た目は大事3~ブランディング編

投稿日:2015年06月02日

ここにもVMDが活かされていました~!これはハワイ島、カウ地区のAIKANEコーヒーです。ハワイではコナコーヒーに追随する勢いで人気が出てきています。
CIMG0367
え、これってコーヒー??
そう、コーヒーのパッケージには珍しい色、紫がこのAIKANEコーヒーのテーマカラーです。
11070957_962710120427580_2645265078992183623_n
20394_959039767461282_2646175178081763164_n
100ドル以上買うともらえるエコバックも紫、
スタッフのユニフォームも紫です。

同業他社が使っていない色を選択するリスク

同業他社が使っていない色を使えば、業界の中で目立ちますが、同時にリスクもあります。
11203151_959485527416706_2496462791652639386_n
人は日常生活の中で、今日はコーヒーを買おうと出かけた時、またはネットで商品を探す時、無意識にそのものに対する刷り込まれたイメージカラーを探す行動に出ます。ですから、探している商品がそのイメージに合っていないと、簡単にスルーされる危険性があります。
でも、この商品のブランディングは成功していると言って良いでしょう。
この色は常に何か新しいもの、流行っているもの等、また食品の買い物が習慣化している30代~60代の女性が特に好みやすい色であったことがブランディング成功へと導いたのでしょう。この年代の女性たちは口コミが大好きです。自分が見つけたお気に入りを誰かに紹介したい、また人が持っている珍しいモノに即座に反応しますので、多額の費用をかけて広告を打たなくても、勝手に広がっていく可能性が大!
このように同業他社が使っていない色を選ぶ際は、十分にターゲットをリサーチする必要がありますね。

一般社団法人 日本カラープランニング協会

〒 810-0014
福岡県福岡市中央区平尾4-21-9
TEL:092-791-1243

Copyright© 2013 ビジネスで使えるカラープランナーを養成する日本カラープランニング協会 All Rights Reserved.