ビジネスカラーアドバイザー開講、10月!

投稿日:2017年07月20日

色は身近すぎて、なかなか意識的に捉えられないという声を聞きます。

ですが、色によって人間は想像以上に影響を受けながら思考、判断、行動を左右されています。

殆どの人が無意識だと思っている色を意識的に捉えることで、差別化が可能になります。

日本カラープランニング協会の講座では、色彩心理を論理的に構築し、

無意識を意識レベルに引き上げ、ビジネスの現場で活用できる方法をお伝えしています。

資格取得講座は10月スタートです。以下、詳細をご覧ください。

日本カラープランニング協会が主催し、資格認定をする講座、

ビジネスカラーアドバイザー講座、次回は10月に開講いたします。

本講座では、ビジネスに特化したカラーの知識、技術を学び、即、現場で実践出来る内容を

6回の講義で習得(筆記試験あり)、7回目は資格認定の為のプレゼンテーションを行います。

インプットしたものをアウトプットすることで、内容がより深く自分の中に

入っていきます。

現在、40名の方がビジネスカラーアドバイザーの資格を取得、

更に進んでインストラクターコースでは、指導できる立場として9名の方が

資格を取得され、それぞれの現場で活躍されています。

【講座の内容】

1. 色の基礎知識:色と人間の関わり 視覚の仕組み 五感と色 色の影響力 色の効果

色が視覚から入り、どのように人間に影響を与え、視覚と脳の仕組みや第3の脳と呼ばれる皮膚と色の関係性を学び、その効果、影響から、さらにビジネスへの活用法を考えていきます。

2. 色彩心理:色彩心理学(色彩生理学)とは何か、その活用法

古代ローマ時代の哲学者達から始まった色彩心理が現代のビジネスにどう関係していくのか。また、色と心理、生理の深い関係性を男女別、世代別、職業別、ライフスタイル別等々、でイメージ、図式化していきます。

3. 配色技法: 配色演習 即戦力となる配色パターンの活用術

色彩をビジネスに有効活用する技術の一つである配色。ここではBYNカラーシステム (日本カラープランニング協会オリジナル)をベースに、即戦力となる3種類の配色を紹介、演習していきます。

4. VMDビジュアルマーチャンダイジング(視覚的販売計画):VMDの基礎

VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)、視覚から仕掛けていく販売計画を学び、色との関わり等を 実例を見ながら解説します。VMDの中でもポイントとなる3種類の配色の活用法を実践形式で学びます。

5. 実践2-1:実店舗・無店舗・ブランド・商品等に沿ったビジュアル媒体の検討・提案

各企業・業種・商品等に適した色、配色を考え、ロゴマーク・看板・DM・ショップバッグ・ ショップカード・
WEBサイト・ユニフォーム等に当てはめて考えていきます。

6. 実践2-2:実店舗。・無店舗・ブランド・商品等に沿ったビジュアル媒体の検討・提案 *筆記試験を実施

各企業・業種・商品等に適した色、配色を考え、 ロゴマーク・看板・DM・ ショップバッグ・ショップカード・WEBサイト・ユニフォーム等に当てはめて考え、 制作(ラフ案程度でも可)していきます。

7. 最終プレゼンテーション&認定式

最終回は講座での成果発表会、プレゼンテーション(参加者全員)、資格認定書授与。

受講料:100,000円(税込、教材費、認定料込)
*色彩に関する資格保有者、色彩に関する業務に長年携わっている方には割引制度もあります。

お気軽にお問い合わせください。

一般社団法人 日本カラープランニング協会

〒 810-0014
福岡県福岡市中央区平尾4-21-9
TEL:092-791-1243

Copyright© 2013 ビジネスで使えるカラープランナーを養成する日本カラープランニング協会 All Rights Reserved.