POPの効果、色のイメージも!

投稿日:2014年02月27日 カテゴリー:色彩心理

手書きPOPが最近、注目されています。

例えば、食料品の商品パッケージは簡単には

変えられませんが、商品の説明をするPOPは変えられます。

商品の特長や使い方、また季節感をその都度、演出出来るのも

POPの特長ですね。

images-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、手書きPOPには人の温かみがありますよね。

その商品をわかって、良さをお客様に伝えたくて書いてるって、

そんな感じが見る側の心を捉えるのでしょうね。

ですが、ただただ書けば言い訳ではなく、

伝えたい事が伝わる色、配色がキーポイント。

その商品に本当に「赤」で良い?「黄色」で良い?

色数が多すぎて見づらくない?

伝えたい事が多すぎて、色が多かったり、

目立たせるために「赤」を使いすぎて、

店内のPOPがぜ〜〜んぶ赤系統、なんてことないですか?

周囲とのバランスも重要ですよ。

あなたのお店のPOP、お客様に想いが伝わっていますか?

日本カラープランニング協会では、POPの講座、指導を行なっています。

ご興味有る方は、お問い合わせくださいね。

 

 

 

カラープランニングのお申込みはこちら

講座・セミナー・社員研修のお問合せ

カラープランニング協会では定期開催の講座に加え、企業様の社員研修も承っております。
ご相談、お問合せは下記のメールフォーム、またはお電話にてお気軽にご相談下さい。

カラープランニングのお申込みはこちら

一般社団法人 日本カラープランニング協会

〒 810-0014
福岡県福岡市中央区平尾4-21-9
TEL:092-791-1243

Copyright© 2013 ビジネスで使えるカラープランナーを養成する日本カラープランニング協会 All Rights Reserved.