VMDが出来るまでVol.5

投稿日:2015年02月09日

VMDを成功させるポイントの一つに継続性があります。単発で終わらせず常に何かを訴えかけ、その表現に緩急を付けます。
ボリュームたっぷりにしたり、あっさりシンプルに表現したり・・。いつもいつもボリュームたっぷりでは見る側もホッとする暇がなく、次第に飽きてくる可能性があります。
特にアパレルや飲食業においては季節感を感じさせながら、メリハリのあるVMD,ディスプレイが求められます。

では、前回の続き、5月は、
1
初夏、旅行、レジャーを楽しむ季節、ショートパンツでリズミカルに活動するイメージです。
6月は梅雨
34
22222
雨でも楽しく、通学できるようにワクワクするような傘を主役にしてみます。
7月は夏休み、前半はやっぱり海!
IMG_0077

333
8月、夏休み後半、花火大会、盆踊りとイベントが盛りだくさんです。
4
5月から8月は彩り鮮やかな季節、ビビットトーンが美しい季節です。でも、ココで注意です!

年間VMDの中でメインカラーを決めておく

毎回、季節ごとにディスプレイを変えていくのは販促としては重要な作業ですが、メインカラーの固定がブランディングに繋がっていきます。
次回は、メインカラーを決めることが何故、ブランディングに繋がるのかをお話しします。

一般社団法人 日本カラープランニング協会

〒 810-0014
福岡県福岡市中央区平尾4-21-9
TEL:092-791-1243

Copyright© 2013 ビジネスで使えるカラープランナーを養成する日本カラープランニング協会 All Rights Reserved.