VMDが出来るまでVol.3

投稿日:2015年02月05日

今回はVMDのポイントのうち以下の4,5について、
1 どの場所で、どのくらいの期間ディスプレイするのか
2 その期間の主なターゲットは(客層)?
3 周辺環境は?競合店は?(百貨店、専門店、路面店等によっても異なります)
 *1〜3の要素をもとにテーマカラーを決めますが、その際、その店舗においての既存カラーを使うか、使わないか、ミックスさせるのかどうかも重々検討します。
4 ディスプレイにかかる予算
5 期間終了後のディスプレイに使った資材の利用法

長期計画が経費節減のカギに!

予算については頭の痛いところですが、単発的な計画を立てるとロスが多くなりますので、長期計画、継続的なディスプレイプランがより経費削減となります。
単発でその場その場のディスプレイでは無駄な資材が出る可能性がありますが、長期計画を立てれば、春のディスプレイが初夏、夏にも活用出来たり、クリスマスリースがお正月飾りになったりと、リサイクル的な使い方が出来ます。
o0720096011693568858
同じ布や紙も使い方で顔を変えてくれます。
IMG_1397
%E5%86%99%E7%9C%9F-25
どのような計画の立て方が良いのかは、また次回。

一般社団法人 日本カラープランニング協会

〒 810-0014
福岡県福岡市中央区平尾4-21-9
TEL:092-791-1243

Copyright© 2013 ビジネスで使えるカラープランナーを養成する日本カラープランニング協会 All Rights Reserved.